日々のメモ

https://linktr.ee/iyiyim770

風邪とお金

先週金曜日ごろから風邪引きそうな変な感じがあって、厚着して首にタオル巻いて加湿器つけて寝てたけど風邪を引いてしまった。熱が38.5度まで上がり、出勤後も微熱で早退した。咳がひどくて電車であからさまに嫌そうな顔をされてしまう。オフィスでもゴホゴホうるさくて申し訳ないし、菌をまきちらしている気がして家に帰った。帰宅しても締め切り間近のものは片付けなければならないので、家のMacで仕事して、少し休んで、仕事して、くりかえしながらちょっとした在宅勤務みたいになってしまった。弊社は独身子なしは在宅勤務制度が使えない。「脳は働くので仕事はできるけど、パンデミックはまずい」とか「電車に乗ったら確実に死だけど、おうちで休みつつなら仕事できる」とかの「出社はしんどい」みたいなときに融通がきかない。なんとかしてほしい。

まったく違う話だけど、会社のひとに教えてもらって、アプリで家計簿をつけることにしたら貯金できるようになってきた。意志が弱いから貯金ができないんだとずっと思ってたけど、現金社会のせいだったんだ!現金をなるべくやめて全体的にクレカを使うようになったら無駄遣いが減ったよ。可視化したらいけるじゃないか。意志とか全然関係なかった。

ほんとは完全キャッシュレスが理想で、Kyashとクレカで生きたい(Kyash側の障害が終わったら)。あと、カード派になってみてランチタイムはカードNGのお店が多いことを知った。

10月は全体的にだめだった

9月下旬ごろからひと月ほどずーっとだめで、調子が悪いというか早く人生終わらないかなーみたいな感じでほんとうにだめだった。たぶん仕事の忙しいのが終わって手が空いてたのがよくなかったと思う。あとはホルモンバランス的なものもありそうで、婦人科でもらった薬を飲んでたら調子が穏やかになってきたのでよかった。友人の結婚式で前乗りで京都に行ったのもよかったかもしれない。それからNetflixドラゴンボールを見まくったのもよかった。最近は周りのひとたちが変化しているフェーズで寂しくなったりもやもやしたりもあるけどまあ元気(凪の心)

清里に行った

ファンシー廃墟こと清里に行った。変な建物フェチ(非廃墟マニア)なので清里には行ってみたかった。平成生まれなのでバブル当時の感じはよくわからないが、金が余りまくっていて装飾がファンシーになってしまったのだろうか。

f:id:choke000:20180917121925j:plain

駅舎は角がアールがかっていてかわいい。

f:id:choke000:20180917121802j:plain

有名なミルクポット。ペンギン村っぽい。

f:id:choke000:20180917121822j:plain

謎の牛のモニュメントがかわいい。

f:id:choke000:20180917121851j:plain

ファンシーブティックSUZURAN

 

目的は廃墟観光だったけど、駅前にちらほらあるだけだし雨が降っていたので30分くらいで「もういいかな」となってしまい、ホテルに行って温泉に入ったり美味しいご飯を食べたりした。

 

f:id:choke000:20180917122740j:plain

翌日は雨も止んだのでふつうに観光することにした。清泉寮にまず行って、ソフトクリームを食べた。レンタカー予約がいっぱいだったのでバスで移動する。飲んだら運転できないし仕方ない。バスは1時間に1本なので基本的に自由はききません。

f:id:choke000:20180917123301j:plain

清里テラスという、リフトに乗って標高1,900mの場所に行くやつに移動。完全に観光地。ひとが多い。スキー場なのでスキーのリフトで登る。撮影おじさんが途中で笑わせてきて撮影されてしまう。これはあとで1000円くらいで買える(買わなかった)。3〜4人でリフトにバランスよく乗らないと傾く。小太りを右に乗せて、ほかの3人が左寄りに乗ってバランスをとっている家族がよかった。頂上ではワインが飲める。3種飲み比べ100円、グラス500円。飲んだやつは甘さがすごくてジュースみたいだった。わたしが登った少しあとからまた曇ってきて、ちょうどいいときに登れたのでよかった。

f:id:choke000:20180917123159j:plain

出発まで時間があまったので、キープ農場へ移動した。時間つぶしのつもりで来たけど一番ここがよかった。18時までごはんが食べられるし美味しそうだった。「農場」って名前だからアイスぐらいしかないのかなと思って清里テラスでビュッフェを急いで食べてしまったのを後悔した。広いし空いてるし、テーブルもあるし、八ヶ岳を見ながらビールを飲めてとてもいい。30分くらいしか時間がなくて走ってバスに乗った。ひとの多い観光地よりなにもない状態が好きなひとはキープ農場のほうがいいんじゃないでしょうか。とてもよかったです。アスレチックみたいなものもあるし、子どもがいるひともよさそう。次来ることがあればキープ農場に半日いたいと思います。

研究したい

Netflixで「世界の“今”をダイジェスト」「世界の“バズる”情報局」「世界の“現実”旅行」などのドキュメンタリー系シリーズばかり見ているが、こういう仕事がやりたいなーとなる(3つとも全て「世界」「“”」がついていてなんか恥ずかしい...)。「なぜこうなっているのか」を掘り下げて、それを発信するというのに興味があるのかもしれない。とにかく生活していても「これなんで?」が多すぎてメモが間に合わない。そして「これなんで?」を調べたり誰かと話して「そういうことか!」とつながる瞬間が気持ちよすぎる。こういった、過去、現在進行形の拡い文化人類学的なものや民俗学、習慣、ムーヴメントを調べたりインタビューできる仕事はライターだろうか?